af9980025908

40代のシミの原因は一つとは限りません。シミの種類によっていろいろありますので改善策も異なります。肝斑は頬や口の周り等に左右対称に現れるのが特徴です。肝斑だと知らずに一般的なシミの治療をしてしまうとかえって悪化してしまうことがあるので注意が必要です。しかし病院に行って治療したりトラネキサム酸の薬を飲んだりハイドロキノンクリームなどを塗ることも必要になってきます。肝斑は女性ホルモンのバランスの崩れ、つまり黄体ホルモンプロゲステロンが原因です。また、年齢的には30代から40代の方が発症することが多く、50代を過ぎるとだんだん消えていく傾向にあります。

老人性色素班は紫外線が原因のシミで頬骨の高いところにできやすいものです。

炎症性色素沈着はニキビ跡などが、シミとして残ったものです。特に大人ニキビといって年齢を重ねた後にできたニキビがなかなか治らず、シミとして残ることは多いです。私の顔にもそのシミが残っています。

 

なぜ30代40代を過ぎるとシミができやすくなるのでしょうか?それは肌のターンオーバー、つまり細胞の生まれ変わりが遅くなるからです。そのため、紫外線を受けてできてしまったメラニン色素の排出が遅くなります。また、40代になると水分保持力が急激に下がってしまうので肌の乾燥が進みます。これもメラニンの排出を妨げます。乾燥すると角質層が硬くなるからです。なのでさらにシミができやすくなるのです。それを防ぐためにはしっかりと保湿することが大切です。

 

そこでおすすめなのが、ポーラのモイスティシモです。こちらの化粧品は30代から40代の方で使われる方が多く乾燥を防ぐことを一番の目的にしています。そのためとても保湿力が高いのです。乾燥の原因は、角層の乱れにあるということを発見し、それを改善するための成分サクラエキスとオウレンエキスを配合しています。

 

また、もっと早くシミを効果的に治したい方にはレーザー治療が効果的です。レーザーを受けた後で日光に当たらないように注意が必要ですが季節や行事のタイミングなどを見てレーザー治療を受けると化粧品で何とかしようとするよりも、より早く効果を実感できるでしょう。レーザー治療の場合はクリニックによって料金も幅広いので、しっかり確認するようにしましょう。1個あたりの料金を設定しているクリニックもあればワンショットという形で設定しているところもあります。また、光治療フォトフェイシャルやIPL 治療をする方法もあります。先ほどのレーザー治療の場合はどちらかというとピンポイントに狙いたいシミに打つことが多いですが広範囲に広がっている場合には光療法がおすすめです。

 

クリニックに行くほどではないと思う方は普段の化粧水で保湿対策をしっかりして、ターンオーバーを正常に近づけましょう。